Amazonギフト券販売サイト比較

すべてアマゾンギフト券に集約して生活に楽しみを


アマゾンギフト券を自分で購入するのではなく、サービスによってたまるポイントととらえて生活に楽しみを加えましょう。
ギフト券残高が増えればそれだけアマゾンでさまざまな買い物を楽しむことができ、普段だったらちょっと踏みとどまってしまうような気になる商品も思い切って注文することができるかもしれません。常に残高があるとアマゾンサーフィンをするのも楽しくなるというものです。

それではどうやってギフト券をためればいいでしょう。私の場合を紹介します。

1.アンケートサイトでポイントをため、ギフト券に交換する
マクロミル、infoq、キューモニターなどのアンケートサイトでアンケートに回答するとポイントがたまります。通常のアンケートに回答しているだけだとなかなか少額なのですが、特別なアンケートに登録して定期的に回答するものがあり、そういうのに参加すると月に数千円になることもあります。現在はinfoqとキューモニターの2サービスに参加していて、1日あたり2~30分時間をかけるだけです。
ポイントがたまったら各アンケートサイト内でギフト券に直接換えることもできますが、PexやGポイントなどのポイントサイト経由でギフト券に換えると効率が良いです。

2.ポイントサイトでポイントをため、ギフト券に交換する
ハピタスのようなポイントサイト経由でサービスを利用するとポイントがたまります。例えばAmazonで買い物すると1%、ホテルを予約するにしてもじゃらんや楽天トラベル経由で予約するだけで200円相当くらいのポイントがたまります。それ以外でもネット経由で何か買い物するとき、例えばセシール、楽天、ネットスーパーなどを利用するなら、ポイントサイトを経由して注文するだけでポイントがたまります。ネット通販などをよく利用するのであれば利用しない手はないと思います。通販だけでなくFX会社の口座を開くとかクレジットカードを作るとか思わぬ高額なポイントをためることができます。

3.クレジットカードでポイントをため、ギフト券に交換する
ジャックスのクレジットカードであるエクストリームカードは利用金額の1%がポイント還元されます。さらにこのポイントはGポイントに1.5%換算で交換でき、さらにGポイントからギフト券に交換可能です。実質的にカード利用額の1.5%のギフト券が入手できることになります。ちなみにこのカードは年会費が3,000円かかりますが、年間利用額が30万円以上あれば無料になります。公共料金の支払いなどこのカードに集約しており、コンスタントに毎月5万は使いますので年間60万円で年会費は無料、その1.5%というと9,000円のギフト券も手に入るということになります。

このようにアマゾンギフト券をためると案外たまっていくものです。楽しみを増やしましょう。


▼当サイトオススメ
Giftissue(ギフティッシュ)
amazonギフト券の買取はコチラ
amazonギフト買取